スカイトラベラーとアメックスプロパーカードの違い

スカイトラベラーはアメックスの普通のカードとどこが違い、またどこが強みになっているのか比較してみましょう。もっともオーソドックスなアメックスグリーンカードを例に出して考えてみます。年会費ですが、アメックス・グリーンは12,600円/年、スカイトラベラーは10,500円/年です。スカイトラベラーの方が若干安いですね。しかしマイルへの還元率を見ると、その違いは一目瞭然です。ポイントのマイル還元率がスカイトラベラーは、1ポイント=1マイル換算で1,000ポイントから移行できますが、アメックスグリーンカードは、基本的には1ポイント=0.5マイル換算での移行です。これがスカイトラベラーがマイル系カード最強と言われるゆえんです。

アメックスのポイントプログラムの「メンバーシップ・リワード」でポイントを交換する時は、1ポイント=0.5マイルにしかなりません。しかも、ポイントは最大3年という有効期限まで設けられています。3年以上たてば無効化してしまいます。そこで登場するのが、「メンバーシップ・リワード・プラス」というポイント・プログラムです。「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、1ポイント=1マイルからお得に交換できます。また気になるポイントの有効期限は、無期限です。

通常この「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録するには、参加費として3,150円/年支払わなければなりません。アメックスグリーンカードの年会費が12,600円ですから、合計で年間15,750円もバジェットがかかります。スカイトラベラーと比較すると、5,250円も割高になる計算です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ